申し出

国内の住宅ロフトの作り方


ほとんどすべての夏のコテージには住宅がありますが、それらのほとんどは非常に小さいです。本日、私たちは国に住宅の屋根裏部屋を作り、それを本当に快適な部屋に変えることに決めたので、空きスペースとゲストの宿泊施設の問題を解決します!

住宅の屋根裏部屋-私たちの多くの夢なぜなら、部屋があなただけのもので、さらに大きくて美しい景色が見えるときがいいからです。しかし、夢を実現する時が来たので、手をこすり、ツール、プロジェクト、材料を準備し、ビジネスに取り掛かります。

そのようなアイデアは重大な決定であるとすぐに言いたいので、仕事を始める前に3回考えてください!

国の屋根裏部屋の変換の段階

ここでのすべての間違いは前の段階への回帰、時間とお金の損失であるため、最初に、アクションプランを開発する必要があります。このような仕事に携わるのは今回が初めてなので、すべての知識を活用しようとします。何かを逃した場合は、記事へのコメントでこれについてコメントしてください。また、読んだ資料についてのフィードバックを残したり、新しいアイデアを共有したりすることもできます。

したがって、定性的な結果を達成するのに役立つリストを作成しましょう。

  • 計画中!このアイテムがなければ、どこにもありません。したがって、想像力、コンピュータープログラム、隣人や親relativeのアドバイスを使用して、計画を立てます。ここでは、すべてを細かく考慮しています-ドーマーウィンドウが配置される場所、家の暖房をあなたの利点に使用する方法、換気とエアコンを設置する場所、電気技師を開始する必要があるかどうかなどが可能です;
  • 第二段階は機会のテストです!誰もが計画を立てて注目度の高いアイデアについて話すことができますが、自分の長所、そして最も不快なことに財布の厚さも評価する必要があります。費用の専門外の計算が20〜30%変わることさえありますが、時々変わることがあります。したがって、すべてをもう一度確認し、開始する価値があるかどうか、このプロジェクトを確実にプルするかどうかを検討してください。
  • ステージ3-材料の購入と不足しているツール。屋根裏部屋を夏のリビングエリアにすることができるため、すべてはプロジェクトに依存します。このためには、内部にクールなハンモックを入れてテレビを設置するだけで十分です。しかし、あなたはそれを本格的なリビングルームにすることができます、そしてそれから材料はいくつかの車を持ち込む必要があります。ツールが必要になるため、このアイテムは慎重に扱ってください。
  • 清掃サービス。それに大きく依存し、最も重要なこと-使用可能な領域。できるだけ多くのスペースを解放する必要があります。できればすべてを一度に解放する必要がありますが、同時に、何も壊さないように、また怪我や怪我をしないようにすべてを慎重に行ってください。 ;
  • 寸法チェックと追加の内部計画。もう一度、計画を確認し、実際のサイズと比較します。通常の切妻屋根がスペースを制限する可能性があり、部屋を最大限に活用するには、部屋を少し再生する必要があります。そして、おそらくすべてが初めて一致するかもしれません...しかし、プロジェクトと次元をチェックして調整することは良いことです!
  • 屋根と床で作業します。すぐに故障を検査し、それらを除去する必要があります。屋根裏部屋の梁、バテン、屋根、床の修理-すべてがこの段階に含まれています。追加のウィンドウの配置をすぐに提供できます。
  • コミュニケーション。これらは不適切であるように思えるかもしれませんが、暖房、照明、換気は100%必要です。清掃後、主な作業を開始する前に、壁の厚さにケーブル、パイプ、換気ダクトなどを敷設します。
  • 屋根裏断熱。方法と処理方法は既にわかっているため、ここでは簡単になります。
  • 室内装飾と外装装飾;
  • 住宅地のインテリアデザイン!

おそらく、各ステップを詳細に分析する必要があり、場合によってはプロセスに既に追加のステップを追加する必要があるため、これは停止します。

DIYロフト

私たちは長い間、独立して仕事をすることに慣れていました。したがって、このプロセスは非常に便利で興味深いので、このプロセスを運命の賜物と見なします。

新しい屋根裏部屋の計画

建物の目的と、復興に喜んで使う資金の額について考えてください。一枚の紙を取り、下書きを作成してから修正します。これは、正確なアクションプランが作成されるまで行うことができます。計画は、残りのアクションが進行する主要なプロセスであり、そこから見積もりが書き込まれます。

私たちには何千人もの読者がおり、彼らにはさらに多くの欲求があるので、この仕事はあなただけに任せます!

コスト計算

計画を立てると、一定の金額に達するのに役立ちますが、今は予算と比較する必要があります。カントリーハウスの修理に無料のお金がある場合は便利ですが、財政に近い場合は、見積もりを慎重に「削減」する必要があります。気取りと無駄、断熱、室内装飾、予備修理などのすべての重要な側面のみを削除するようにしてください、残すことをお勧めします!

自分の能力をチェックするだけでなく、高い屋根の上を歩いてスレートのいくつかのセクションを変更する準備ができています。ほこりの多い屋根裏部屋でクリーニングを行い、屋根の梁の処理中に化学物質の臭いを嗅ぐことに同意しますか。費用と仕事を恐れていない場合は、次の段階に進むことができます!

資材購入

材料は非常に多様である可能性があります。なぜなら、それはすべて、施設の怠慢の程度と近代化の要件に依存しているからです。

段階的に見積もりの​​収集を開始します。

  • 屋根、一般的な屋根、およびそれらの修復と修理のための材料-梁とスラット、スレートとスケート、スレート、屋根材、断熱材など
  • 床-断熱材、外装、装飾用トリム;
  • 新しい壁-裏地、塗料、パテ、ポリウレタンフォーム;
  • 装飾と配置-棚用の木材、新しい配線用のケーブルなど

したがって、作業の各段階を調査し、すべてをプロジェクトのディメンションとポイントと比較することにより、必要なリストに移動できます。

ツールの場合-行う必要があるものから始まる同様の仕事:切断-弓のことグラインダー、固定-ボルト、ネジ、ハンマー、ドライバーなど

言明できる唯一のことは、一度に購入することができないという事実です。最も経験豊富な専門家でさえ、軽微なエラーと資料の不足を抱えています。したがって、建設市場へのいくつかの旅行があります!

修理前の清掃

多くの国の屋根裏部屋-カオスの領土。パントリー、井戸、または夏の住まいの道具のように誰かがここに野菜を保管するのは良いことですが、必要なもの、不要なものがすべてここに運ばれることもあります。これらは持ち運びが難しいもののカテゴリのアイテムであり、投げるのは残念です-同じ古いスーツケース、不適切なアウター、引き出しとバケツ、壊れた家具など一般に、これらはすべて慎重に下げて、目的のものに整理し、最終的にはすでに廃棄できるものにする必要があります。余計なものをspareしんで大きなたき火を作らないでください。これは、屋根裏部屋に以前に​​保管されていたものの多くを保管することはまだ不可能だからです。

次に、部屋を慎重に掃除する必要があります。割れたガラスと錆びた釘があることは非常に現実的であり、したがって、手袋、人工呼吸器、眼鏡などのすべての保護具を使用します。清掃は質の高い方法で行う必要があります。したがって、負傷したり時間を無駄にしたりしないでください。

屋根裏部屋のレイアウト

清掃後、プロジェクト、巻尺、レーザーレベル、紙、鉛筆で建物の屋根裏部屋に登ることができます。これらすべてを、機能の比較と、内部の修復パラメーターの配置に必要とします。

プロジェクトから内部の平面に寸法を転送し、予備寸法を比較し、壁、天井、床の水平線を撃退する必要があります。すぐに、断熱材、通信、おそらく新しい窓の設置、家具の配置と床の補強、屋根裏部屋への階段などの「パイ」を考慮する必要があります。

この段階で急がないようにしてください。これらは単なるサイズと数字、線とマーキングですが、非常に重要です。なぜなら、今あなたが気を散らして何か間違ったことをすると、たとえば、湾曲した天井、または不均一な壁、他の欠陥を得ることができるからです。

屋根と床の修理

夏の家でさえ数年しか経っていない場合でも、修理が必要な場合があります。多くの要因が建築材料とその状態に影響するため、ライニングの下に欠陥のある状態で何かを放置しないでください。たとえば、スレートが破裂した場合、雨の際に水が断熱材と壁をその下から湿らせます。床に問題がある場合、建物のメインルームで、床に障害が発生し、下の天井に亀裂が入ることがあります。

床と屋根が断熱されることを考慮して、修理と追加の機器を実行する必要があります。つまり、補強を行い、追加のクレートを作成し、グリースを塗り、すべての縫い目を吹き飛ばす必要があります。

また、この段階では、天窓の設置を検討することをお勧めします。しかし、ここで、プロセス全体の説明は本格的な記事に基づいていると言いたいので、近い将来発行することを約束します。

屋根裏部屋でのコミュニケーション

必ず通信の準備をしますが、セキュリティ要件を考慮する必要があります。すべての換気ダクトはしっかりと設置され、道路にアクセスできる必要があります。ケーブルは波形またはプラスチックの箱に入れられます。あなたは家全体の設計に必然的に影響を与える深刻な工学レベルで暖房について話す必要があります!

これらの作品についてもう少し詳しく言えば、それぞれに専門性のある個々のマスターがそれらを実行しなければならないと考えています。専門家の賃金に特にお金をかけたくないのは明らかですが、必要なのはここです。専門家によるインストール後のみ、すべてが正しく安全に機能します。

暖房については、少し個別に判断することができます。少し前に、家庭用暖房と特別なヒーターについて話しました。したがって、この知識に基づいて、将来の熱の生産を最適化するのに役立つ結論を引き出すことができます。

  • 屋根を断熱する場合は、屋根裏の床(または家の天井)自体を断熱しないでください。したがって、家の主な暖房からの熱の一部は屋根裏部屋に落ちます。
  • 別の肯定的な要因は煙突であり、これはしばしば家の中央または側面のどこかにありますが、屋根裏部屋を通ります。それからの熱は、加熱を節約するのに役立ちます。
  • オイルラジエーターや赤外線ヒーターの設置など、追加の加熱を検討する価値があります。

屋根裏部屋を絶縁するには?

この質問に対する回答は既にありますが、かなり良いので、繰り返しを手配することはせず、以前に書かれた記事に戻ってください。

屋根の断熱と、外に出る水分からの隔離に特に注意してください。床の断熱に関しては、行う価値があるかどうかを慎重に検討してください。家が常に居住している場合、冬の暖房は屋根裏部屋にあるため、利益のためだけです。カントリーハウスの外断熱、ガレージの床に関する記事からいくつかの知識を借りることもできます。かなり良い方法は、ポリウレタンフォームをスプレーすることです!

屋根裏部屋の外装仕上げ

概して、すべての外装装飾は、屋根と屋根が修理されている前の段階で行われました。しかし、ここで特別な瞬間に注目したいと思います-屋根裏部屋への階段(ここで国の階段について話しました)。これに特別な注意を払う価値はありますが、私たちはそれを外部に起因しました。繰り返しになりますが、これは非常に困難です。階段は、木製またはスチール、角、直線、らせんまたはらせん、通りからの資本階段、または内側からのコンパクトな屋根裏階段です。

外装仕上げについて他に何を言いますか?おそらく、すべての縫い目、屋根材の接合部の更新、屋根からの排水溝の整備、除雪具やバイザーなどの追加機器の設置、および計画されている場合は屋根の窓の傾斜を検討する価値があります。

ロフトスタイルのマンサード(ビデオ)

屋根裏部屋の内部仕上げ

プロセスにはツールや想像力を備えた多くの段階が含まれているため、インテリア装飾は非常に興味深い職業であり、実際にはプロのアプローチを必要としません。はい、あなたは初めてそれをしようとしているので、何かは非常に美しくはできませんが、確かにそれは危険ではありません。したがって、コミュニケーションは専門家が行い、自分で仕上げることができます。

理論的には、すべてがすでにプロジェクトに含まれているため、屋根裏部屋で準備された材料のみをピックアップして作業を開始できます。天井、壁、床を覆い、縫い目と継ぎ目を敷き、下塗りと塗装、ワニスと予備防腐処理。はい、すべてのプロセスが内部の屋根裏部屋を実際に変換し、居住状態にします。したがって、ここに住みたいので、将来のスタイルとインテリアをサポートして、ここで非常に巧みに働く価値があります!

屋根裏飛行機(ビデオ)

屋根裏部屋

約1週間後、すべての建築用混合物、ワニス、塗料が乾燥し、アロマで私たちを毒しなくなったら、屋根裏部屋に登り、アレンジして飾ることができます。そのような問題はすべて個人的にあなたに任せます。重くて多くのスペースを占有するため、家具にあまり行き過ぎないようにアドバイスします。残りの部分については、快適さを確保する技術でさえ、恥ずかしがり屋ではありません。また、インテリアは非常にファッショナブルになっているため、厳密なミニマリズムでインテリアを放置しないでください。このスタイルは、クラシックまたはモダンの混合物に適しているため、いくつかの写真、ナプキン、カーテンまたはブラインド、明るいベッドカバー、装飾の興味深いアクセントが邪魔になりません。

古い屋根裏部屋を家の上のリビングルームに変換する基本的なリズムを設定しますが、すでに読者はそれぞれ、カントリーハウスの屋根裏部屋で何をどのように近代化または変換するかを個別に考える必要があります。不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。質問への回答の見出しの下に興味深い質問を書いてください。

カントリーロフトの再取り付けに関する興味深いアイデア(ビデオ)

国の住宅の屋根裏部屋-面白くて面白い、そしてその結果、それは実用的です。家の中にかなり大きな別の部屋ができるからです。