申し出

和風の望楼:パーソナルプロットでのオリエンタルな贅沢


ガゼボにいなければ、人は自然と精神的な調和との一体性をどこで見つけることができますか?そのような居心地の良い場所で、私たちは自分自身と孤独になり、絶え間ない大騒ぎから逃れることができます。郊外地域でのこのデザインのデザインにおけるスタイルの方向性は、所有者の絶妙な味と世界観のレベルを非常に明確に伝えています。

毎年、日本と東洋の趣味は一般にますます一般的になり、家の建設やインテリアデザインだけでなく、ランドスケープデザインのデザインでも人気が高まっています。郊外地域の装飾スタイルの東の方向は、愛好家が居心地の良い雰囲気に反映するのに理想的です。

田舎のサイトに建てられたアーバーは、すぐに家族全員と家に現れる客のお気に入りの場所になります。原則として、それは小さな丘の上または敷地の中央に設置され、快適性に加えて、優れた視界を提供し、オープンハウスはfrom索好きな目から敷地のフェンスや背の高い果樹を隠すのに役立ちます。

和風の望楼はあらゆる場所の景色を飾り、家族全員のためのすばらしい休暇の場所である。

日本のガゼボの特徴

原則として、オリエンタルスタイルのガゼボは、個人の区画の中央または小さな丘の上にあります。日本の方向に様式化された建物を作成し、 すべての詳細で主題を考慮することは非常に重要です:

  1. 日本スタイルの主役の1つは、ベランダとアーバーのカーテンです。
  2. また、オリエンタルスタイルの建物を建設する場合は、木材、石、reなどの自然な建築材料のみを使用することが非常に重要です。
  3. そのような構造は、いくつかの層に置かれた屋根によって特徴付けられます。多層屋根の中心にあるのは、東洋哲学にあり、平和と静けさが支配する人にある種の心をもたらすと信じています。
  4. カラースキームは明るい色に焦点を合わせるべきではありません。デザインでは、ニュートラルおよびパステルカラーを使用することをお勧めします。
  5. また、スタイルの特性が禁欲主義とミニマリズムであることも注目に値します。

バーベキュー付きの日本のガゼボ

塔の装飾

パゴダを適切に設計するには、いくつかの詳細を遵守する必要があります。

  • カーテン-東の建物の不可欠な部分

部屋は夏の暑さからカーテンを吊るしたり、オリジナルの植木鉢を開口部に置いたり、建物の近くに常緑のつる植物を自然な「カーテン」を形成したりして育てたりすることで保護できます。

  • 禁欲主義とミニマリズム

スタイルには、デザインのミニマリズム、ラインと素材のシンプルさ、およびカラーソリューションの鮮明なコントラストの欠如が含まれます。天然木または石で作られたシンプルなベンチは、東部の塔の不可欠な部分です。明るく邪魔にならない細部が目を逸らさず、暑い中で休暇を楽しむことができるように、すべてがシンプルでなければなりません。

  • 天然素材のみ

装飾用の合成材料の使用は完全に排除されます。すべてが自然で自然でなければなりません。そうしないと、建物の個性が失われ、残りの部分が自然との調和の感覚を与えません。

日本のパゴダはすべて、自然と抑制を意味します。

  • 植生

カラマツを植えることができるガゼボへの入り口の近くでは、建物に快適さと特別な魅力を与え、近くの果樹のプランテーションも有利に見えます。完全な調和のために、周りのエリアは、ツバキ、シャクヤク、菊、またはアイリスでいっぱいにすることができます-日本人の好きな色。

  • 塔の形

屋根の形状は異なる場合があります。6角または8角の塔と扇形の建​​物です。しかし、ほとんどの場合、パゴダのレイアウトは円形または正方形です。この資料では、ガゼボのテーブルについて説明します。

場所の選択

古典的な構造と日除けの配置が都合の良い場所で受け入れられる場合、オリエンタルスタイルはこれを歓迎しません。 日本のガゼボの場所を選択するには、いくつかの基本的な基準があります。

  • それから内野のほとんどを見る必要があります。
  • 近くには噴水または小さな貯水池があります。水を観察すると、筋肉が落ち着き、精神的に落ち着きます。
  • あなたのサイトに建てられた日本の塔は、空間の全体的なデザインに調和して収まり、その構成の一部である必要があります。
  • オリエンタルスタイルの建物は、基本的なポイントの方向を考えると、配置するのが習慣です。窓もドアもない壁は南側にある必要があります。日中は太陽が南からより輝いており、望楼は涼しさを示唆しています。建物の側面は西と東に「見え」、ガゼボへの入り口は北からである必要があります。

これらすべての原則を考慮に入れると、あなたの東の角への訪問者は、熱い太陽から可能な限り隠すことができます。ファンが自分の手ですべてを行うには、この記事が役立ちます。

夏の住居のための日出ずる国の植樹

材料の選択

東洋の建物は、人工建築物や仕上げ材の使用に焦点を合わせていません。 その建設のために、自然な建築材料の選択は伝統になっています。

  1. リード
  2. 油を塗った紙。

日本の建物ではすべてが自然で自然でなければならないという事実に加えて、気候帯も考慮する必要があります。たとえば、ロシアでは、紙や杖などの材料は、悪天候のためにすぐに使用できなくなるため、中央車線での使用は推奨されません。最良の選択肢は、木材または天然石です。


パゴダと他の建物の主な違いは、調和のとれた合併と環境との完全な調和です。

  • 日本のガゼボは、多数の素材や小さな建築形態を許容していません。東洋全体とは異なり、布地、階段、さまざまな柱を備えた室内装飾品はここでは適切ではありません。
  • 構造は煩雑に見えるべきではありません。スタイルは簡潔さ、禁欲主義、ミニマリズムを意味します。
  • 明るい色とカラフルなトランジションは、トーンで勝つべきではありません。ニュートラルなトーンは調和しているように見え、ライトベージュとブラウンの組み合わせはコントラストに十分です。
  • 建設のための材料を選択する際、天然石は太陽の下で非常に熱く、霜によって破壊される可能性があることを考慮する価値があります。したがって、多くの人は天然木を選びます。
  • 天然の石が気候帯で唯一許容される材料のままであることが起こります。この場合、パゴダには質の高い基盤が必要です。

ガゼボの建設に防腐剤に浸した高品質の材料を選択した場合、そのような建設は長期間続きます。

平和と涼しさの東部の「オアシス」のイメージの完全性を完成させるために、小さな人工の小川を通って入り口に小さな湾曲した橋を建てることができます。人の人生のこの独特の審美的なアクセントのシンボルは、素晴らしいリラクゼーションになります。

和風ガゼボは、郊外の風景の主要な装飾品であり、すべての世帯にとってお気に入りの休暇スポットです。東部では、伝統的なガゼボが茶道の会場です。そのため、小さなテーブルと低い椅子、ベンチ、または座席用の枕がここで非常に役立ちます。塔の内部は、壁に沿って菊やcameのある植木鉢を置くことで装飾できます。夏の住居のガゼボの冬バージョンについて調べることをお勧めします。

庭でオリエンタルスタイルのアーバー(20写真)