ヒント

国内での段ボールの使用


デッキは、その積極的な品質、実用性、およびあらゆる設計での設置の容易さから人気を博しています。比較的安価で信頼性が高く、どのハードウェアストアでも購入できます。ただし、この資料のすべての機能、その利点、および用途については、記事の以下のセクションで説明します。

段ボールとは

これは、特定の保護材料でコーティングされた高品質のスチールの薄いプロファイルシートです。正しく調整された技術プロセスのおかげで、段ボールの近代的な生産により、高品質の基準を満たすかなり興味深い素材が得られます。その使用は、屋根から小さな建築形態の仕上げの作成まで、さまざまな分野で可能です。

オプションは異なる場合があります。多くの場合、これは厚さ0.5〜0.8 mm、幅1 m、長さ12 mの鋼板で、販売の都合または購入者の注文によって切断されます。

デッキには、亜鉛、アルミニウム-亜鉛、またはアルミニウム-シリコンの保護コーティングが施されています。このため、金属は腐食を受けにくく、標準的な条件下で長時間生き残ることができます。

保護コーティングが保存しない唯一のものは、機械的損傷です。強い打撃や落とした楽器からのへこみは、装飾性へのダメージです!

既に考慮されているコーティング層に加えて、ポリエステル、プリン、アクリル、ポリ塩化ビニル、またはポリフッ化ビニルが保護のために段ボールに適用されます。より深刻なメーカーについて話をする場合、高価なポリマーを使用して材料の寿命をさらに延ばします。

コンテキストでシートを考慮すると、両側の材料の金属層は、防食コーティング、不動態化層、土壌、ポリマーの4つの層で覆われています。

デッキ:長所と短所

屋根材や装飾材としての段ボールの一般的なプラス面とマイナス面について話しましょう。

段ボールの利点

多くの建築業者が段ボールを認識している主な品質のリストを以下に示します。なぜ今日人気があるのか​​を判断するために-価格、良い広告、本当に高品質のおかげで、私たちはあなたを去ります。

  • プロシートは普遍的です。今日では、建設、装飾、修復の多くの分野で使用されています。住宅、商業、産業用の建物に非常に適した屋根であり、さまざまな建物のファサードの裏張りや更新に適したフレームフェンスの元の被覆材になります。
  • 高強度です。当然のことながら、材料自体の特性だけでなく、適格な設置によっても高い結果が得られます。すべてが正しく行われている場合、段ボールは積雪、着氷、突風を保持し、適切なフレームまたは木枠で、人の深刻な努力と重量にも耐えることができます。
  • 防水性に優れています。これは、建物の水平屋根被覆だけでなく、正面被覆にも関係します。広い領域では、波形シートが溝に重なり、防水層の広い領域が作成されます。コーティングが最小限であれば、湿気から保護するためにシート全体を使用できます。壁では、素材が継ぎ目での組み立てが技術に従って行われた場合にもその機能を完全に実行します。
  • 長寿。段ボールがしわになったり、叩いたり、傷がついたりしない場合、ポリマーと亜鉛メッキにより、数十年、時には最大50年まで使用できます。メーカーはこの問題について異なる会計を持ち、生産技術とシートの厚さに応じて、2〜20年の保証を与えます。
  • また、これは経済的な素材であり、装飾性が高く、色や色合いのために設計に適しており、設置が簡単で、軽くて滑らかであると述べられるべきです。

段ボールの欠点

プロファイルされたシートには多くの欠点がありますが、それらのすべては、実行が不十分な作業でより正確に顕著になります。

  • 場合によっては、素材が適切に固定されていないと航行し始めます。つまり、風の力によって曲がり、元の位置に戻ると大きなポップ音が発生します。
  • デッキは耐久性のある素材と考えられていますが、穿刺の機械的ストレスには耐えられません。パンチはそれほど簡単ではありませんが、同じフェンスの全体像を曲げたり台無しにしたり、シート全体の保護を傷つけたり下げたりするのは簡単です。
  • さらに、この素​​材は非常にうるさいです。まず、風と段ボールが航行しているという事実から、すでに話しましたが、材料が屋根の上にある場合は雨とhからも。もちろん、ノイズ分離を追加することで、不要なサウンドをいつでも取り除くことができますが、これも追加コストです。

問題に追加する特別な要件もあります-非常にきちんとした正確な設置で、強い突風でシートが屋根から剥がれないようにします。また、材料に結露が発生する可能性があるため、換気スペースも必要です。

段ボールから国のフェンス

国内での申請

プロフェッショナルシートは普遍的な素材であるため、夏の住民は多くの応用分野を考え出しました。

フェンスと障壁

現代のフェンスの生産では、ますますプロのシートを使用しています。石、レンガ、またはコンクリートのフェンスについて話している場合、金属フレーム上の独立した素材、または補助的な装飾部品のいずれかです。

門と門

フェンスとフェンスのセットでは、多くの場合、プロファイルシートのゲートとゲートも表示されます。軽量で、素早く組み立てられ、非常に実用的です。これらの品質は可動要素に非常に優れているため、ヒンジが緩まず、自動スライディングゲートに関してはドライブがすぐに摩耗しません。

屋根

カントリーハウスや農場の建物の屋根を選択する際、記事で検討している素材にますます注意を払っています。屋根裏部屋の保護に対応し、装飾性を向上させ、屋根からの水分の除去を整理するのに役立ちます。

仕上げと裏地

プロファイルされた金属シートも狭い場所にあった建物のファサードを見失うことはありません。それは、壁が見苦しい状態にある建物の修復のために、修理材料および被覆断熱材として、正面および台座の標準的な被覆に使用されます。

プロシートからの構築

外装材または屋根材に材料を使用できますが、フレームの段ボールから構築することもできます。これは非常に簡単です。特に、支持要素またはストリップの基礎の補強が最小限の軽量の建物の場合です。これらは、小屋、ガレージ、機械および装置用の格納庫、一時保管庫、地下室および更衣室、鳥類および小動物用の施設です。

そのような構造では、サンドイッチ技術がよく使用されます。フレームが外側に覆われ、断熱材がその中に置かれ、構造が木材、OSBパネル、合板、プラスチック、乾式壁などの仕上げ材で内側から覆われています。

さらに、段ボールを使用して、国内で最も必要な構造物を建設することができます-夏のシャワー、トイレ、カーポートにするために。

デッキと小さな建築形態

作業が単純であるため、プロフェッショナルシートは、小さな建築形態の建設と組織化で広く使用されています。遊び場の建物でも見ることができます。

ガゼボの屋根と壁、子供の家やポーチの頂上、砂場近くのキノコ、ベンチの上の天蓋-これらはすべて段ボールからできます。

国内の他の段ボールの使用

プロファイリングされたシートのすべての使用領域を非常に長い時間にわたってリストすることが可能であるため、いくつかの例に注意を払うことができるように、短いリストのみをまとめました。

  • プロのシートは、花壇の間に小さなフェンスを、花を植えるエリアの間にフェンスを作るために、造園に使用できます。
  • 一部の夏の居住者は、排水や水収集のために、穀物やばら材料のために遺跡から溝を作ります。
  • プールが建設後に残っている場合、段ボールからプールのカバーを作る方法に関する興味深いアイデアがあります。軽量の木製フレーム、同じような金属のシートのペア、および最も単純なゴミ保護カバーが行われます。
  • 興味深いアイデアは、段ボールの固体シートと作物の一時保管庫を作ることです。地面に1つの短い側面を付けて設置し、半円形に曲げて、地面の2番目の側面を固定するだけです。葉は太陽の進路に沿って立つことが望ましい。そうすれば、野菜や果物の箱、バケツ、袋を、そのようなオリジナルの倉庫の影に終日保管することが可能になります。

国内での段ボールの使用は最も多様であり、注目に値します。その国でそれをどのように使用するかを決めるだけです。